1. アンケートモニターTOP>
  2. D style web通信>
  3. アンケートモニターの月収はいくら?>
  4. アンケートモニターの税金・確定申告について

アンケートモニターの税金・確定申告について

アンケートモニターの税金・確定申告について

現金収入が得られるアンケートモニターは副業としても人気がありますが、税金や確定申告の手続きが気になっている方も多いのではないでしょうか?もしもアンケートモニターとして収入を得たら、どのような申請をすればよいのか、また会社にバレてしまうのかどうか、たくさんの疑問があるはずです。こちらでは、そんなアンケートモニターの税金や確定申告についてお伝えします。安心してアンケートモニターを始めるために、ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

アンケートモニターの収入に税金はかかる?

アンケートモニターの収入に税金はかかる?

スマホとPCさえあれば簡単にお金を稼げることから、アンケートモニターはお小遣い稼ぎにおすすめの方法です。最近では副業としてアンケートモニターを始める方が増えてきていますが、もしもモニターになってお金を稼いだら、そこで得た収入に税金はかかるのかどうか気になりますよね。まずは、アンケートモニター収入の税金についてお伝えします。これからアンケートモニターとしてお金を稼ぎたい方は、税金の仕組みについても理解しておきましょう。

アンケートモニターの収入は雑所得として課税対象になる

アンケートモニターサイトに登録して現金を稼いだ場合、ここでの収入は「雑所得」に相当することから、課税の対象になります。雑所得とは、所得の種類のうちでも、公的年金や印税などの所得を指します。ただし、アンケートモニターで稼いだすべての金額が、課税対象となるわけではありません。課税対象となる雑所得は、収入から経費を差し引いた分のみです。

アンケートモニターの場合、サイトを利用するために使用したインターネット回線の費用・電気代・参加型調査の会場までの交通費などが経費にあたります。収入からこれらの経費を差し引いた金額が、雑所得であり課税対象となります。現実的にはアンケートモニターだけで確定申告が必要となるほど稼げるケースはまれであり、ほとんどの方には影響がないと考えられています。

会社への年末調整の影響は?

会社への年末調整の影響は?

現在企業に勤めている方は、正社員・パート・アルバイトといった雇用形態にかかわらず、毎年必ず会社で年末調整が行われています。この会社での年末調整は、主な収入の所得税に対して行われることから、アンケートモニターでの収入について申請する必要はありません。年末調整によってアンケートモニターで稼いだ金額を会社の方に知られる心配はないため、ご安心ください。アンケートモニターの収入があったとしても、会社の年末調整で手続きや申請などを行う必要はありません。

アンケートモニターの収入を確定申告する必要性は?

アンケートモニターでお金を稼いだとき、確定申告をする必要はあるのでしょうか?実は、確定申告を行う必要があるかどうかは、現在のお仕事の状況によって条件が変わります。ご自身が給与所得者であるか否かで、確定申告が必要となる条件が大きく異なるため、これからご紹介する内容をもとにチェックしてみてください。基本的には、アンケートモニターだけで確定申告をする義務が発生するほど稼ぐのは難しいといわれていますが、念のためご自身の所得を確認しておくことをおすすめします。

会社員などの給与所得者の副業の場合

会社員などの給与所得者の副業の場合

正社員や派遣社員をはじめとした会社員や、パートやアルバイトとして働いている方は、企業に所属して働いている「給与所得者」に分類されます。これらの給与所得者が副業をする場合、副業で得た雑所得が年間で20万円以上に達したとき、確定申告が必要です。その反対に、副業で得た雑所得が年間で20万円以下であるときには、確定申告をする必要がありません。

もしもアンケートモニターでお金を稼いだとき、収入から経費を差し引いた雑所得が年間で20万円を超えるのであれば、確定申告を行いましょう。会社で行われる源泉徴収とは別に、自分で手続きを行う必要があります。また、すでにほかの副業で雑所得が20万円を超えている方や、各種控除を受けるために確定申告を受ける予定の方は、アンケートモニターでの雑所得についても申告しなければなりません。これらの場合、アンケートモニターでの雑所得が20万円以下であったとしても、申告の義務がある点に注意しておきましょう。

給与所得者ではない場合や扶養に入っている場合

給与所得者ではない場合や扶養に入っている場合

現在、年金収入で暮らしている方や、配偶者の扶養に入っている専業主婦(主夫)の方、仕事に就いていない無職の方などは、給与所得者ではありません。そのため、アンケートモニターで収入を得た場合の対応が少し異なります。これらの給与所得者以外の方は、収入から経費を差し引いた所得が、年間で38万円を超えたときに確定申告を行う必要があります。

反対に、所得が年間で38万円以下であるならば確定申告を行う必要はありません。ただし、一般的にアンケートモニターだけで38万円以上を稼ぐのは非常に難しいため、確定申告を行わなければならないほど稼ぐのは現実的ではないといえます。

アンケートモニターは、もっとも高額な座談会個別インタビューに参加したとしても、1回あたりの謝礼が8,000~20,000円です。さらに、参加型調査は応募後に抽選が行われるため、必ずしも当選するとは限りません。念のため年間の所得を確認して計算しておくのは大切ですが、基本的には確定申告の対象とならない可能性が高いといえるでしょう。

確定申告をしたら住民税も課税対象になる

確定申告をしたら住民税も課税対象になる

税務署で確定申告を行ったとき、住民税も課税対象になります。つまり、確定申告によって所得が増えると、住民税の金額が増える可能性があるということです。もしも会社で副業が禁止されている場合、給与が増えていないにもかかわらず住民税の金額が上がったことで、副業をしているのがバレてしまうおそれがあります。会社に知られずにアンケートモニターでお小遣い稼ぎをしたいときは、下記の手続きによって会社に知られずに住民税を支払うようにお気をつけください。

そもそも住民税を支払う方法には、「特別徴収」と「普通徴収」の2種類があります。このうち、会社が給与から住民税分を引いて納税するのが特別徴収です。それに対して、普通徴収では会社を通さずに自分で住民税を納めます。アンケートモニターの副業を会社にバレないようにするためには、住民税の納税方法で普通徴収を選択しましょう。「確定申告書A(第二表)」の書類には、「住民税に関する項目」の欄があります。この書類の「給与所得以外の所得に係る住民税の徴収方法の選択」という欄で「自分で納付」を選択すれば、アンケートモニターで稼いでいることを会社に知られる心配はありません。

アンケートモニターで口コミ多数の人気サイトは?

アンケートモニターで口コミ多数の人気サイトは?

現金を稼げることから副業として人気を集めるアンケートモニターですが、サイトによって稼げる金額に差が出ることがあります。そんな中でも、多数の口コミが集まり稼げるサイトとして人気を集めているのが、アンケートモニターサイトの「D style web」です!

D style webが得意としているのは、数あるアンケートモニターの中でももっとも謝礼が高額であることで知られる、参加型調査です。参加型調査とは、座談会個別インタビュー会場調査といった形式で、参加者は実際に指定された会場へ足を運ぶことになります。そこで、簡単なインタビューに答えたり他の参加者とおしゃべりをしたり、率直な意見を伝えるのがアンケートモニターとしての役目です。座談会や個別インタビューは所要時間約2時間で謝礼は5,000~15,000円、会場調査は所要時間30分~1時間で謝礼は3,000~5,000円が目安で、基本的に謝礼は当日に現金で受け取ることが可能です。

一般的なアンケートモニターサイトでも回答できるWEBアンケートと比べて、D style webに集まる参加型調査は、一度に稼げる金額が高いのが魅力です。WEBアンケートだけで稼げる金額が1カ月あたり約1,000円であるのに対して、参加型調査では1回たった数時間で数千円~1万円程度を稼げます。とにかく稼げるアンケートモニターサイトをお探しの方には、D style webがおすすめです。

安心して稼げるサイトは"D style web"

アンケートモニターの収入から経費を差し引いた雑所得は、課税対象となります。モニターとしての収入がある方は、こちらでご紹介した内容を参考に、必要に応じて確定申告を行いましょう。アンケートモニターサイトのD style webには、謝礼が高額な案件が多く見つかることから、税金や確定申告について気になった方も多いかもしれません。アンケートモニターとしてさらに稼ぎを増やしたい方や、ポイントをコツコツ貯めるよりも一気に稼ぎたい方は、ぜひD style webにご登録してみてください。

今すぐモニター登録する!