1. アンケートモニターTOP>
  2. D style web通信>
  3. 第5回 私の体験談コンクール>
  4. 哀愁賞:親子で楽しむ会場調査

哀愁賞:親子で楽しむ会場調査

哀愁賞:親子で楽しむ会場調査

もくじ

  1. 受賞者プロフィール
  2. キラキラした娘の顔で参加決意
  3. フライドチキンに釘付けの娘
  4. 負けられない試食の感想
  5. 勇気を出して娘をデートに誘いたい

受賞者プロフィール

年齢:46歳
性別:男性
職業:会社員
未既婚:既婚

キラキラした娘の顔で参加決意

キラキラした娘の顔で参加決意

もう数年前の出来事になりますが・・・。
自宅でアンケートに目を通していた時の事です。その会場調査では、親子で参加できる方を対象としており、珍しい調査があるものだと感じたのが初めの印象でした。

たまたま当時小学生の娘がおり、声をかけたところ「食べ物」と言うだけで興味津々(笑)。会場で試食をするという内容を伝えると、目をキラキラさせながら「何が食べられるのか?」「新しいお菓子かな?」等を空想しながら既に参加決定したような顔になっていて、その場で迷わず参加の申し込みをしました。

フライドチキンに釘付けの娘

そして迎えた当日。二人で電車に揺られながら、「幼い娘がうまく感想を伝えられるだろうか?」「お菓子でなければ不機嫌にならないかな?」等を心配しながらも会場に到着。実際にそこで目にしたものは・・・揚げ物でした(笑)。コンビニ等でよく見るフライドチキンでした。

娘に目をやるとお菓子の事は既に頭にはないようで、先に参加されている親子連れの方が食べているチキンに釘付けになってました!!チキンは娘の好物なので心配はなさそうだと思い、何とか機嫌は悪くせずに済みそうだと安堵しました。

負けられない試食の感想

その後、親子別々のテーブルで調査員の丁寧な説明を受けながら数種類のチキンを試食しました。食べ比べながら、食感の違いの感想を述べる内容になっていて、合間には水とクラッカーで口の中をリセットする工夫がされていました。娘の方に何度か顔を向けると、優しそうな調査員と話しながら、アドバイスを受けながらアンケート用紙に自筆で一生懸命に感想を書きこんでいます。親である私も負けてはいられません!!

正直かなり微妙な風味の差を感じる商品も存在していたので、文字で表現するのは難しい場面も何度かありましたが、親切な調査員に助けを頂きながら無事に二人とも回答を終えることが出来ました。最後は調査員の皆さんから娘に沢山のお褒めの言葉を頂き、娘も誇らしげな表情で会場を後にしました。

勇気を出して娘をデートに誘いたい

帰りの道で娘に感想を聞くと「パパと二人で出かけるのは珍しくて面白かった」「○番のチキンが美味しかった」「○番のチキンは△△△のお店に似ていた」等と得意げに私よりも詳しい分析をしていました(笑)。アンケートの記入に関してもきちんと自分の字で書けたと誇らしげに語り、思わぬ場面で娘の成長を感じる事が出来た一日となり、「また一緒に参加しようね」と約束をしたのを覚えています。

あれから数年、娘は来年中学生です。年頃なのか、最近は私と距離を置くようになり二人だけで出かける事はほぼなくなりました。そろそろまた親子で調査できる会場調査がないかな?その時は勇気を出して娘を誘って久しぶりにデートをしたいと思っています!!

今すぐモニター登録する!