1. アンケートモニターTOP>
  2. D style web通信>
  3. 第1回 私の体験談コンクール>
  4. びっくりしたで賞:アイスクリーム友達

びっくりしたで賞:アイスクリーム友達

アイスクリーム友達

もくじ

  1. 受賞者プロフィール
  2. 大好きなアイスクリームの座談会が初参加
  3. 座談会終了後、参加者から声を掛けられた
  4. アイスクリーム談義開始
  5. アイスクリーム愛から本当の愛へ

受賞者プロフィール

性別:男性
年齢:36歳
職業:会社員
未既婚:既婚

大好きなアイスクリームの座談会が初参加

今から10年前にアイスクリームの座談会に参加した時の話です。私は昔からアイスクリームが大好きで夏だろうと冬だろうと週5くらいは食べています。当時は色々と座談会の募集を探していましたが、参加してみたいものが無かったり、応募しても当選しなかったりを繰り返していました。

あるときD style webのページにアイスクリームの座談会参加者募集を見つけたときこれは良いな、参加してみたいなと思って応募しました。でもどうせまた何の連絡も無いのだろうと思っていたら、突然連絡が来て見事に当選しました。座談会はそれが始めてだったので何を話したらいいのだろう、どういった場なんだろうと少し不安ではありましたが、大好きなアイスクリームだし何とかなるだろうと思いました。

座談会終了後、参加者から声を掛けられた

そして当日仕事終わりの19時からでかなり緊張して臨みましたが、アイスクリーム好きが集まっていたこともあり、途中からはかなり盛り上がっていたように思います。特定の商品についてインタビュアーから質問を受けていたにも関わらず、参加していたみんなは話が脱線して他社のアイスクリームの話で盛り上がり全員揃って少し怒られたこともありました(笑)。予定していた時刻をオーバーして座談会は終了。新商品も試食できましたし、気分良く帰ろうとしていたところで参加者の一人から声を掛けられました。

アイスクリーム談義開始

「座談会楽しかったですね。緊張して臨んだのでこんなに楽しいとは思いませんでした」。聞くとその女性も私と同じで始めての座談会でとても緊張されていたとのこと。なんとなく話が合う方だったので外に出たところでアイスクリーム談義を再開しました。

座談会が始まった時はみんな緊張していたせいか会話も少なく、私も少し気まずく感じていたので「ここは営業職の私が何とかしなくては」と自分のアイスクリーム愛について語り始めたことから場が和んできたと思います。その様子をみていた女性は私が営業職なのではと思い私に話しかけてきたと言いました。聞くと彼女も営業職とのことでした。業種は違うものの同じ営業職として何か感じるものがあると言っていました。

アイスクリーム愛から本当の愛へ

アイスクリーム愛から本当の愛へ

座談会は90分だったのですがアイスクリーム談義は約3時間となってしまい、なんとその間もアイスクリームを食べておりました。随分遅くなってしまったこともあり、その日は途中で話を切り上げて後日また会う約束をしました。そしてその座談会での出会いから約7年後、私はその彼女と結婚しました。その時私も彼女も座談会に参加していなければこの出会いは無かったと思っております。相変わらず夫婦揃ってアイスクリームが大好きです(笑)。

今すぐモニター登録する!