1. アンケートモニターTOP>
  2. D style web通信>
  3. 第4回 私の体験談コンクール>
  4. しゃべらなきゃ損で賞:おしゃべり好きには楽しい時間

しゃべらなきゃ損で賞:おしゃべり好きには楽しい時間

しゃべらなきゃ損で賞:おしゃべり好きには楽しい時間

もくじ

  1. 受賞者プロフィール
  2. おしゃべりになってしまう
  3. 知識がないからこそ、役に立つ
  4. 何も損することはない

受賞者プロフィール

年齢:28歳
性別:女性
職業:会社員
未既婚:既婚

おしゃべりになってしまう

初めて個別インタビューに参加したときは、会場の建物の中に入る前には緊張で手汗がすごいことになっていましたが、いざ室内に案内されるととても気さくなインタビュアーさんが飲みものやお菓子を用意して待っていてくださり、すぐにリラックスできました。

どのインタビューへ行っても大体1~3人くらいの方が対応されることが多いかと思います。また、別室で映像を通して数人の方に確認されていることもありますね。

どちらにせよ一番最初にしっかりと自己紹介をしてくださり、さらにインタビューの様子をメモにとる、映像を残す、音声を録音する、などということをしっかりと確認を取ってくださるので安心できますし、すぐに慣れることがほとんどです。

また、どういったことを話せばよいのか不安にも思いましたが、基本的には聞かれたことに答えていくだけなので、普段普通に人と会話できるのならば全く問題ありません。むしろ、こちらが話しやすいように質問を考えてくださっているので、気がつけば予想よりかなり喋ってしまっていたなんてことの方が多いです。

知識がないからこそ、役に立つ

1回の時間が2時間くらいに設定されていて『初対面の人とそんなに長く会話できるかな?』なんて思っても、実際には次から次へと話してしまい結局時間を越えてしまうことも多々あります。

なんなら、職場や家族、友人などには少しうるさがられてしまうくらいには元々おしゃべりなのですが、おしゃべりすること自体が目的の個別インタビューは思う存分話せるのでとても楽しい時間です。

専門的な知識がないけれど大丈夫かということも気になりましたが、最近は開き直ってむしろ一般消費者の声を聞くことが目的のインタビューなのだから、全く何の知識のない素人だからこそ思いつくことをどんどん言った方が役に立つのではないかと思っています。

何も損することはない

何も損することはない

そもそもインビューの対象として役にたたなそうならば、WEBの申し込みアンケートの時点でそう判断されて実際のインタビューに呼ばれることなんてないのですよね。プロに選ばれたのだからと自信を持って思う存分素人意見を出した方が良いのかもしれません。

実際に一度個別インタビューに参加してみると、難しいことは何も無いしむしろ楽しいという印象の方が強く、それからは積極的に応募するようになりました。

なかなか全くの他人とお話する機会もないですし、それだけでも貴重な体験なのかなと思います。 これからもチャンスがあれば是非何度でも参加したいと思いますし、もしも興味はあるけれど勇気が出ないと言う方がいたら是非一度思い切って参加してみることをオススメします。

ともかく、何も損することはないのですから。

今すぐモニター登録する!