1. アンケートモニターTOP>
  2. D style web通信>
  3. 第1回 私の体験談コンクール>
  4. 銅賞:ママでもできた、ママだからこそ沢山楽しめた座談会

銅賞:ママでもできた、ママだからこそ沢山楽しめた座談会

銅賞:ママでもできた、ママだからこそ沢山楽しめた座談会

もくじ

  1. 受賞者プロフィール
  2. 初めての座談会はとても緊張しました
  3. ママなりの座談会の楽しみ方
  4. 座談会の謝礼は格別に嬉しい!

受賞者プロフィール

年齢:36歳
性別:女性
職業:専業主婦
未既婚:既婚

初めての座談会はとても緊張しました

初めての座談会は誰しもが緊張するものです。私も例に洩れず、そうでした。「やっぱりやめとけばよかったかしら」とすら会場の前で思ったほどです。ちょっと逃げ出したくもなりました。でもいざ座談会がスタートすると、その場には必ずプロの司会進行の方がいらっしゃるため、自分で場を回す必要などはなく、安心してお話しすることができました。

座談会に参加できるテーマは、自分がよく知っているものや実際に体験・利用したものについてです(お申込アンケートで選抜されます)。ですので、「全く話せない」ということはなく、むしろ「話したい!」と自然に思えるテーマです。

ママなりの座談会の楽しみ方

ママなりの座談会の楽しみ方

普段は専業主婦の私。ここ数年は、ママ友と育児の話しかする機会がありません。そのため、大人同士で育児以外の話ができる座談会という場(テーマが「育児」に関係する場合は、育児の話もしますが)は、非常に新鮮な場所でした。性格的にも自分で体験した事を他人に話したい、伝えたいと思うタイプなので、普段思っている商品に対する不満、愚痴も実際に商品開発している人に直接届けられ、謝礼が貰えて…「最高の体験だな」と爽快感を持って会場を後にしたのをよく覚えています。

日々育児をしている方なら共感して頂けると思いますが、特別な用事がないとなかなか子どもを預けて一人で外出する機会もありません。ですので「仕事(座談会)だから(※)」と正当な言い訳(家族に対しても、自分に対しても)ができることはありがたいことでした。

座談会の集合場所はその時々で違いますが、だからこそ普段は降りないような駅に行くことができます。数年ぶりに訪れた街の景色を、行き帰りの道すがら楽しんだり、座談会が終わったあとに一人でランチをしてみたり。一人で乗る電車さえ楽しく感じるのだから不思議です。

このように座談会前後の時間も、自分にとってはご褒美でした。専業主婦という立場はどうしても肩身が狭くなりがちですが、座談会に参加することで「今の自分でもこうしてお金を稼げるんだ!」と少し自信を取り戻すこともできました。やはり自分で稼いだお金は格別に嬉しいもので、封筒に入ったピン札は(大げさかもしれませんが)今でも宝物です。

  • ※「調査」への参加のお礼として謝礼をお支払いしているため、厳密には「仕事」とは異なります。また、調査への参加は雇用契約ではございませんので、申し込み後ご希望通りに調査へ参加できるとは限りません。

座談会の謝礼は格別に嬉しい!

やはり自分で稼いだお金は格別に嬉しいもので、封筒に入ったピン札は(大げさかもしれませんが)今でも宝物です。自分のスケジュールと相談しながら参加できる点も大変助かっています。今は子どもの卒園・就学のシーズンでそちらに付きっきりとなっていますが、もう少し落ち着いたらまた座談会に参加したいなぁと思っています。ここまで熱弁させて頂きましたが、座談会が人気になってしまうと私が今後参加できなくなってしまうので、本当は内緒にしたいのが正直なところです(笑)

今すぐモニター登録する!