1. アンケートモニターTOP>
  2. D style web通信>
  3. アンケートモニターの月収はいくら?>
  4. スキマ時間の活用術!移動や家事の合間にかしこく副業しよう

スキマ時間の活用術!移動や家事の合間にかしこく副業しよう

「スキマ時間をもっと有効利用して、お小遣いの「足し」になるようなことできないかな?」と思ったことはありませんか?例えば、会社員なら通勤途中の時間、専業主婦なら家族をみんな送り出した後にホッとひと息ついたときなどがスキマ時間になるのではないでしょうか?でも、スキマ時間はまとまって時間が取れないですよね。

そんなちょっとしたスキマ時間を有効活用する方法のひとつとして、「アンケートモニター」という副業について詳しくご紹介します。アンケートサイトで一般的に実施している調査の種類やアンケートモニターとして調査に参加して、謝礼を受け取るまでの流れをしっかり紹介しますのでぜひ参考にしてください。

スキマ時間とは

スキマ時間とは

まずは、一日の平均的なスキマ時間の話や、スキマ時間のメリット・見つけ方・使い方について解説します。

1日の平均的なスキマ時間は1時間9分

1日あたりどのぐらいスキマ時間があるかご存じですか?ある調査によると、回答者の8割の人がスキマ時間を無駄に過ごしたことがあると回答し、無駄なスキマ時間は1日平均にすると1時間9分になるそうです。 いつも忙しくしていて「時間がない」と思うからこそ、無駄な時間があると「もったいない!」と思ってしまうのではないでしょうか。

1日平均で1時間9分と聞くと、そんなに多くないように思うかもしれませんが、年間で換算すると
【69分×365日=25,185分】
となり、約17.5日も無駄にしていることになります。

この無駄になってしまったスキマ時間を、何らかの形で活用できれば、何かができそうな気がしませんか?この無駄な時間を「自分のための時間」として使うことができるはずと考えている人は8割います。では、スキマ時間を活用するメリットには何があるでしょうか。

スキマ時間を活用するメリット

スキマ時間を活用するメリットは、「自分のために時間を使えている」という充実感があることです。例えば、スキマ時間の使い方として、テレビや読書など娯楽に使うことがあると思います。

毎日忙しい思いをしているのですから、息抜きも必要でしょう。しかし、このスキマ時間を娯楽だけではなく副業にも充てることができればお小遣いにも余裕ができ、より娯楽としてできることが増えるので、もっと有意義な時間を過ごせると思います。もっとスキマ時間を有効に使うためにも、スキマ時間の見つけ方と使い方は知っておきたいところです。

スキマ時間の見つけ方・使い方

スキマ時間の見つけ方は、一日の過ごし方を一度ゆっくり振り返ってみることです。ある程度まとまったスキマ時間の例としては、通勤電車の中や、何となくテレビを見ている時間、スマホをいじっている時間があるのではないでしょうか。

昼寝をしている時間も、起きていられればスキマ時間に組み入れられます。お手洗い、エスカレーターやエレベーターを待っている時間と乗っている時間も、短いですがスキマ時間です。意外に多くのスキマ時間は見つけられるでしょう。

見つけたスキマ時間は、上手に有効利用しましょう。もちろん、テレビやインターネットで新しい知識を得るのもいいですが、もっと直接的なスキマ時間の使い方としては、短時間でもできる副業に充てる、というやり方があります。以降では、スキマ時間を活用して効率よく稼げる副業について見ていきましょう。

スキマ時間を活用して副業

スキマ時間を活用しての副業には、どのようなものがあるでしょうか。ここからは、スキマ時間ビジネスの種類について紹介した後、おすすめの副業であるアンケートモニターについて説明します。

スキマ時間ビジネスの種類

スキマ時間ビジネスの種類には、主に以下のようなものがあります。

・ポイントサイト
・クラウドソーシング
・アンケートモニター

ポイントサイトは、サイト内のゲームやアンケート、ショッピングなどで貯まるポイントを現金に換えることでお小遣いを得られるサービスです。スマホさえ手元にあれば、5分ぐらいの短い時間でもポイントを貯めることができ、スキマ時間をどれだけ有効活用できたかが目に見える便利さもあります。

クラウドソーシングは、オンライン上で不特定多数の人に仕事を発注することを指します。仕事の種類もいろいろありますが、比較的短時間でお小遣い稼ぎをしたい場合は、「タスク」と呼ばれる形式の仕事で、短文の文章を作ったり、ホームページのデザインしたりする作業だけで報酬がもらえるため便利です。

ただ、発注側が求めるレベルに達していない場合、報酬が受け取れないこともあるので注意しましょう。

人気のアンケートモニター

アンケートモニターとは、アンケートモニターサイトにて公開されている市場調査として実施するアンケートに答えたり、座談会会場調査などにご参加いいただいたりする方です。アンケートに回答してポイントを獲得し、そのポイントで金券や好きな商品などに交換することができます。

また、座談会や会場調査ではご参加いただいた後にアンケートで回答したポイントよりも多い現金謝礼を受け取ることができます。そのため、アンケートモニターはスキマ時間に行える副業の中でも人気があります。

アンケートモニターがおすすめな理由

アンケートモニターがおすすめな理由

アンケートモニターをおすすめする理由は以下の3点です。

・スマホがあればどこでもアンケート回答が可能
・スキマ時間に合わせてアンケート回答が可能
・ポイントは様々なものに交換できる

これらの理由について、詳細に説明します。

スマホがあればどこでもアンケート回答が可能

D style webで実施しているアンケートは、スマホさえあればどこでもアンケート回答ができます。スマホは今や一番身近なツールです。そのスマホで簡単な操作だけで済むのですから、大抵のスキマ時間が使えるようになります。トイレの時間やエレベーター・エスカレーターの待ち時間など、作業しにくい環境でも、スマホさえあればアンケートに回答できる点は大きな魅力でしょう。

さすがに歩きスマホでアンケートに答えるまでやると行きすぎですが、スキマ時間はアンケートへの回答に利用できます。ここまで簡単に副業として稼げる仕組みになっているサービスは少ないため、細切れのスキマ時間がある人にとっては、特にうれしい特徴でしょう。

スキマ時間に合わせてアンケート回答が可能

D style webで実施しているアンケートは、大きく分け2種類のアンケートがあります。

1.WEBのみで完結するWEBアンケート(ポイントあり)
2.座談会や会場調査などの応募アンケート(調査にご参加いただいた場合謝礼あり)

1.WEBのみで完結するWEBアンケート
WEBアンケートは予備調査と本調査に分かれていて、予備調査は本調査に進める方を選定するためのアンケートになっているため、1回5分程度で回答できる簡単なものとなっています。本調査はポイント数が高いアンケートになっているので設問数が多く、時間がかかるようになっています。

2.座談会や会場調査などの応募アンケート
座談会や会場調査などはご参加いただくための対象者条件が設定されています。対象者条件に合致しているかを確認させていただくために応募アンケートを実施しています。応募アンケートは、対象者条件によって設問数が多くなったりするので、余裕をもってまとまったスキマ時間に回答すると良いかもしれません。

ポイントは様々なものに交換できる

D style webでは「1ポイント=1円相当」となっています。貯めたポイントは以下の商品に交換することができます。

・PeXポイント
・Amazonギフト券
・iTunesギフトコード
・商品券
・図書カード
・ネットマイル
・ジャパンネット銀行

※PeXポイントは250ポイントから交換可能となっています。その他の商品は500ポイントから交換可能です。
※交換できる商品の詳細については「ポイントと謝礼について」をご確認ください。

WEBアンケートに回答して地道にポイントを貯めていければ高額になるだけのポテンシャルを十分に秘めています。ご登録いただいている会員様の中には5,000ポイント以上貯めている方もいらっしゃいます。また、調査の種類によっては、大きく稼げるため、調査の種類についても詳しく見ていきましょう。

おすすめの調査の種類

ここまででも少し触れましたが、調査は種類によって、かかる手間や得られる謝礼やポイントに大きな違いがあります。ここからは、以下の調査の種類別に特徴、流れ、注意点を解説しますのでしっかりと目を通していきましょう。

移動中のちょっとしたスキマ時間に(5~30分程度)

ここでは、通勤電車で移動している時など、ちょっとしたスキマ時間に回答可能なアンケートの種類をご紹介します。

WEBアンケート調査
先ほどもお伝えしましたが、WEBアンケート調査はWebからの回答で完結するアンケートです。およそ5分程度で終わるものから、30分程度の時間を必要とするアンケートもあります。得られるポイントは予備調査に回答すると1~10ポイント程度です。

また、予備調査を回答され、本調査のアンケートに回答できる条件に合致した場合は、本調査にご回答いただきます。本調査に回答した場合は、設問数に応じて予備調査以上のポイントを獲得することができます。

ある意味当たり前かもしれませんが、何らかの手間がかかったり外出を伴ったりするような調査は、それなりにきちんとした謝礼が支払われるというのが原理原則です。謝礼がWEBアンケート調査よりも高い調査も何種類かありますので、そちらも詳しく見ていきましょう。

高単価の調査案件は事前アンケートを忘れずにチェック

以下の調査は外出を伴うか、誰かと電話などで直接やり取りする形式のため、どれも高めの謝礼ですが、調査にご参加する際は、こちらから指定の日時でご参加をお願いするので、「スキマ時間で簡単に…」というのは難しいです。ただ、調査に参加できたときに高めの謝礼を受け取れるので、スキマ時間にコツコツと応募アンケートを回答していきましょう。

商品モニター
テスト品を実際に利用して、そのご意見、ご感想などを答える形式の調査です。まず、ご協力いただく方にテスト品をご自宅にお届けしますので、商品を受け取り、実際にテスト品を週単位または月単位でこちらが指定した期間利用していただきます。

その後、テスト品についてご意見やご感想を伺うアンケートをWEB上で回答していただきます。商品モニターでは発売前の商品をいち早く利用できるメリットがあり、調査にご協力いただいた後に、1,000円~5,000円程度の謝礼を受け取ることができます。

電話・郵送アンケート
WEBではなく、電話や郵送で答えるアンケートもあります。Webで答えるようなアンケートよりも細かい設問で、回答にもそれなりの時間が必要なアンケートです。手間がかかる分、報酬はWebで答えるアンケートに比べて割が良い傾向にあります。

会場調査
指定された会場に出向いて新商品やサービスのそれらを試しに使ったり、食べたりした後にアンケートに答えるといったタイプの調査です。会場調査の所要時間は30分~1時間程度で、謝礼は2,000~5,000円が相場となっています。

座談会・グループインタビュー
ある特定のテーマについて、座談会形式で感想や意見などをやり取りすることで、参加者の本音を引き出そうとするタイプの調査で会場調査よりも謝礼が高い調査になります。所要時間は約2時間で、謝礼は5,000~10,000円程度でまとまった金額が支払われる調査です。

個別インタビュー
個別インタビューは1対1で行われるインタビューで座談会と同じく比較的謝礼が高めの調査になります。個別インタビューを受ける場合は、一人なのでかなり詳細にいろいろと聞かれますが、基本的には座談会と同じく聞かれたことを答えていれば問題ありません。所要時間は60~90分程度で、謝礼は6,000~15,000円程度になります。

訪問インタビュー
ほとんどの調査は決められた会場にお集まりいただきますが、訪問インタビューは自宅にインタビュアー(調査員)が訪問して行われる調査になります。訪問インタビューのテーマは座談会や会場調査などに持ち運ぶことのできない「大きな」商品(例:住宅、キッチンなど)がテーマになることが多く、普段の生活ぶりを拝見しながら、質問させていただきます。

インタビュアーが自宅に来る以外は、他のインタビュー案件と変わりありません。

ミステリーショッパー(覆面調査)
ミステリーショッパーは一般のお客様に成りすまして特定の店舗を利用し、お店の雰囲気や料理、接客態度などについて、レポートにまとめて提出する調査です。店舗を利用する代金は謝礼に含まれていることが多いですが、別途もらえるかどうかは応募アンケートに記載しておりますので確認してから調査に応募するかどうかを決めましょう。

調査の種類が整理できたら、次にD style webでアンケートモニターとして稼ぐ流れについて見ていきましょう。

アンケートモニターで稼ぐ流れ

アンケートモニターで稼ぐ流れ

アンケートモニターで稼ぐ流れについて、以下に沿って説明していきます。

1.無料で会員登録をする
2-1.座談会などの応募アンケートに回答して、調査に参加する
2-2.WEBアンケートに回答してポイントをためる
3.ポイントを商品と交換する

1.無料で会員登録をする

まずは、無料でアンケートモニターサイト「D style web」に会員登録をします。アンケートモニターになるのに必要な手続きはこれだけです。

2-1.座談会などの応募アンケートに回答して、調査に参加する

座談会や会場調査などの応募アンケートは、ログイン後の「アンケート一覧」ページに表示されますので、スキマ時間にこまめに回答していきましょう。また応募アンケートに回答される際は、興味のあるテーマから回答していくことをおススメしています。

応募アンケートは、調査にご参加いただくための条件に合致しているかどうかを確認するためにご回答をお願いしていますので、応募アンケート回答中に条件に合わない回答された場合は、アンケートが終了します。なので、途中で応募アンケートが終了した場合は、あきらめずに次の応募アンケートに回答していきましょう。

2-2.WEBアンケートに回答してポイントをためる

応募アンケートと同じくWEBアンケートもログイン後の「アンケート一覧」に表示されますので、スキマ時間を見つけて回答し、コツコツとポイントを貯めていきましょう。付与されるポイントは、予備調査や本調査ならびに設問数によって異なりますので、「アンケート一覧」とアンケートの1ページ目に明記されている付与ポイント数を忘れずに確認しましょう。

3.ポイントを商品と交換する

最後に、ポイントを商品や他のポイントなどと交換しましょう。D style webの会員様の中で人気なのは、信販系のギフトカードやPeXポイントです。特にPeXポイントに交換した後、ご利用の銀行経由で現金を受け取っている方も多いようです。

まとめ

スキマ時間の活用方法の1つとして、アンケートモニターとアンケートモニターサイト「D style web」について説明しました。1日平均1時間9分あるというスキマ時間を上手に活用する方法のひとつとして、アンケートモニターの副業が向いています。移動や家事の合間にコツコツとアンケートに答えていくことにより、スキマ時間はしっかり活用しましょう。

また、高額の謝礼を狙う一歩としてスキマ時間に座談会などの応募アンケートに回答していくこともできます。お小遣いが少しでも増えるチャンスを掴むためにも、アンケートサイト「D style web」に会員登録をしてみてはいかがでしょうか?

今すぐモニター登録する!